モンスターカレンダー

 2010年4月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930

ユーロの下落に歯止めがかかるか?

4月8日にトルシェECB総裁が話したこと

 

○ギリシャにとってデフォルトは問題になっていない

 

○適格担保の最低基準に関しては2011年もBBB-で維持する

 

○信頼に足る財政政策が必要とされている

 

なかなかギリシャに対する信用不安がマーケットから払拭されない状況が続いています。一旦は不安も薄らいで、リスクを取りにいっていたのですが、過熱感が出るとどうしても、為替の下落要因には過敏に反応するように思えます。ただ、いつまでも調整が続くわけではないので、ユーロ円も120円割れはないでしょう。ということで、どこで仕掛けるかが重要ですが、ユーロは怖いので別な通貨を買いに出るのが得策のような気がします。

 

欧州通貨ならポンド円のロングが面白そうです。資源国通貨である、豪ドル円やカナダ円も安定感があって気になりますが、既に高値圏に入っていて、なかなか思ったほど下落しないので、ストップを入れたポンド円のロングで勝負!

カテゴリ